IPP導入

印刷業 専務取締役 斎藤 次郎 様

IPP導入企業様の声⑧

IPPを導入いただいていかがでしょうか
 以前は、原価と呼んでいたものの妥当性がわからず、市場価格にふりまわされ、勘ピュータで値決めを行っていました。
 IPPを導入してからは、理論に裏付けされた原価計算ができるようになり、厳しい指値案件に対しても、価格競争のボーダーラインである限界利益を意識した値決めができるようになりました。また、社内で統一された判断基準ができたことで、社員同士が共通認識を持って仕事ができています。
 ワンクリックで原価計算するための社内データベース構築には少し手間がかかりました。そして、通常業務に加えての活動なので、現場には色々と苦労をかけたのですが、その努力の甲斐あって、現在ではIPP原価計算システムが当社の強力な武器になっています。
これからIPPを導入する企業に一言!

社員が集まって議論することに慣れていない企業にとっては、はじめは大変かもしれませんが、 IPPには社員の意識改革にも効果があります。いずれにしても新しい仕組みを入れることは、 やるかやらないかの覚悟の世界です。しっかりと肚を決めて取り組んでください。

お客様の声一覧へ