金属部品加工

ネック工程の解消(日産数量5%アップ)

製品置場が不足し、生産した製品が機械設備から取り出せなくなる事象が常態化。ネック工程となっていた。

【指導した内容】
・設備生産性の捉え方
・レイアウト変更
・効果測定の仕方
・収益改善金額化の手法

一覧に戻る

Customer's Voice

Seminar

Consulting

Accept

Company